鼻の下と顎の毛が気になって顔の脱毛をしました

最初はワキ脱毛から始めました。
ワキだけのつもりが今まで気になっていた顔の脱毛までお願いすることになりました。
気になっていたのは鼻の下の産毛とあごに生えてきた太い毛数本です。
太くてしっかりした毛だったのでうぶ毛ではなくヒゲでした。
男性に見られたら恥ずかしいと思い、サロンの店員さんに相談したところ顔脱毛できれいになることを
教えてもらいました。

ワキ脱毛と一緒に通えるのでお得感はありました。
顔脱毛は顔全体になるので頬、おでこ、小鼻、鼻の下、顎までしっかりと脱毛してもらえます。
場所によっては皮膚が薄くて痛い個所もありますが、我慢できないほどではありません。
店員さんによると顔の脱毛をすると毛穴がなくなるからキメ細かくなり肌がきれいに見えますよと
教えてもらいました。

脱毛を数回しただけで、気になっていた鼻の下の毛と顎の毛は生えてこなくなりました。
今まで毎日自己処理をしていたので、この労力がなくなっただけでも顔脱毛して良かったと思っています。
顔脱毛したおかげで、コンプレックスがひとつなくなりました。
ワキのコースよりは高かったですが、長い目でみれば絶対お得な感じがあります。
これで旅行へ行っても大丈夫だし、彼からの至近距離でもあわてる必要なさそうです。

タグ:

日本とは違うフェイシャスエステの技術

私は美容に関することが大好きで、フェイシャルエステ、垢すり、岩盤浴、ジャンルに関わらずよくたくさんのお店に通ったものでした。仕事の関係でカナダに移り住みもう15年。これは約10年前のバンクーバーでの出来事です。彼氏にバレンタインデーのプレゼントとしてエステの利用券を貰いました。日本を離れて以来エステには行っていなかったのでウキウキしてお店に入りました。私はエステの技術についてそれまで一度も考えたことが無く、海外だろうが日本だろうが同じだろうと思っていました。それが大きな間違いだと気付いた時はもう遅く、とてもがっかりしたのを覚えています。エステにはブロンドの可愛い女の子たちが他のお客様のフェイシャルエステをしていました。私も席に座らされてたわいもない会話をしながらエステが始まりました。オイルを顔にぬられグイグイマッサージします。ちょっと強すぎと思っていたら鼻の頭と両頬の毛穴のつまりを取るということで爪で毛穴を押し始めました。いくらホットタオルとオイルで柔らかくなっている毛穴と言えども爪でグイグイと中の汚れをとる方法にはさすがに痛い~と叫んでしまいました。エステが終わって鏡を見た私は大ショック。顔の特に鼻の頭と頬が真っ赤でした。はずかしくてその後の友達との食事もキャンセル、しかも翌日までも赤身は消えず仕事を休みました。日本では一度もこんな経験はなくエステに行った日は幸せな気分になれたのに、こんなに素人なのにエステで働くことができるなんてやはり日本とは違うんだなとつくづく感じました。彼氏には事実を告げたのでもうあのエステの件をプレゼントにもらう事はないでしょう。